リバプールに深刻な問題 米国で手術のスターリッジ、来季開幕には間に合わず?

深刻なストライカー不足

 リバプールのFWダニエル・スターリッジは、来季の開幕に間に合わないかもしれない。英地元紙「ガーディアン」が報じている。
 スターリッジは5日にアメリカで臀部(でんぶ)の筋断裂の手術を受け、成功したことを自身のインスタグラムで発表していた。しかし、同紙によれば同選手は復帰に時間を要し、2015-16シーズンの開幕からおよそ2カ間は戦線を離脱すると見られている。
 担当医のブライアン・T・ケリー氏によれば、スターリッジが抱えていた臀部の問題は、そのほかの筋肉系にも影響を与えていたことが手術の結果判明したという。今季のス ターリッジは大腿(だいたい)部やふくらはぎの負傷にも悩まされていた。これにより、選手のコンディション改善が期待されそうだ。
 とはいえ、現在のリバプールは深刻なストライカー不足に悩まされている。イタリア代表FWマリオ・バロテッリ、イングランド代表FWリッキー・ランバートという2人の新加入選手は、リーグ戦で合わせて3得点(バロテッリ1得点、ランバート2得点)しか決めていない。
 復帰後のスターリッジに懸かる期待が大きくなるのと同時に、新たな補強にも注目が集まる。一時はPSVのオランダ代表FWメンフィス・デパイへの関心が伝えられたが、同選手は7日にマンチェスター・ユナイテッドへの移籍合意が伝えられている。
 そのため、現在はアストン・ビラのベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケ獲得がうわさに上っている。昨夏、大型補強を敢行したものの、UEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に黄色信号が灯るリバプール。今年の夏も、再び市場で注目を浴びる存在となるのだろうか。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング