“J王者”川崎、ACL初戦で上海上港に痛恨の0-1敗戦 フッキ封じに成功も攻撃陣が沈黙

前半にエウケソンに奪われた1点に泣く 後半に家長が決定機迎えるも決められず

 昨季のJリーグ王者、川崎フロンターレのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)は苦しい幕開けとなった。13日に行われたグループステージ第1節、昨季ベスト4の上海上港(中国)をホームに迎え撃った大一番は、前半に失った1点を返せずに0-1での敗戦となった。

 川崎はFC東京から2季ぶりに復帰のMF大久保嘉人をスタメン起用。10日のゼロックス・スーパーカップを欠場していたDFエウシーニョも戦線復帰し、強烈なブラジル人トリオを擁する上海と対峙した。互いにボール際の寄せで激しく当たり、上海のキーマンである右ウイングの元ブラジル代表FWフッキに対しても、左サイドバック起用のDF登里享平が積極的に攻撃参加して守備に対応させた。

 それでも、川崎得意のパスワークが敵陣に入ると厳しい寄せでつながらず、決定機はなかなか生まれなかった。一進一退で迎えた前半23分、上海が左サイドから攻撃した場面で、柔らかいクロスにDF谷口彰悟がかぶってしまい、背後で胸トラップしたFWエウケソンに右足で蹴り込まれた。この1点で、川崎は0-1と追いかける展開になった。

 川崎のビッグチャンスは同34分、右サイドからエウシーニョが中央に質の高いボールを折り返すと、フリーで走り込んだのはMF中村憲剛だった。ドンピシャのヘディングシュートが上海ゴールを襲ったが、これを相手GKがスーパーセーブ。絶好の同点機を逸した川崎は、1点ビハインドでハーフタイムを迎えた。

 後半に入ると時間を追うごとに川崎がボール支配率を高め、上海を自陣にくぎ付けにしていった。徐々に上海の足が止まりスペースができた後半26分、中央で前を向いた大久保のラストパスをペナルティーエリア内の左サイドで受けたのはMF家長昭博。GKと1対1になる決定機を迎えたが、家長は得意の左足シュートをクロスバーの上に外す痛恨のミスを犯してしまった。

 逆に同29分には、上海が右サイドから川崎の守備を切り崩し、中央へのクロスからゴール前でフリーのエウケソンが右足ボレー。しかし、この強烈な一撃は川崎GKチョン・ソンリョンがファインセーブで抑え、追加点は免れた。

 それでも川崎は昨季リーグ最多得点の攻撃陣が最後まで上海からゴールを奪えず。フッキにはセットプレー以外でまともなシュートを打たせずに抑え込んだものの、前半の1点に泣きホームでの0-1敗戦という厳しいスタートになった。

 同組のもう1試合は、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と蔚山現代(韓国)が3-3で引き分けた。川崎は次節、サガン鳥栖から元日本代表FW豊田陽平が期限付き移籍している蔚山とのアウェーゲームを戦う。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング