ドルトムント新FWバチュアイ、活躍の鍵は香川ら「技巧派との融合」と独メディア指摘

オーバメヤンの後継者として加入 「その高さは空中戦で脅威になる」

 ドルトムントは今冬の移籍市場で不動のエースだったガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンをアーセナルへ放出し、代役としてチェルシーからベルギー代表FWミシー・バチュアイを今季終了までの期限付き移籍で獲得した。後半戦の巻き返しを図る上でキーマンとなる長身ストライカーだが、まずはMF香川真司らテクニシャンと融合できるかがポイントとなりそうだ。

 バチュアイはベルギーのスタンダール・リエージュでブレークを遂げ、フランスの名門マルセイユを経て2016年にチェルシーへとステップアップを果たした。しかし、24歳の有望株もスペイン代表FWジエゴ・コスタ(現アトレチコ・マドリード)やFWアルバロ・モラタの後塵を拝し、プレミアリーグでは通算22試合で7得点に終わった。

 そして新天地ドルトムントでは「オーバメヤンの後継者」という重責を担うことになる。ドイツ国際公共放送「ドイチェ・ヴェレ」では、この新戦力がドルトムントにフィットできるかを特集している。

 記事ではバチュアイについて「オーバメヤンのような電撃的な速さには欠けるが、チーム(ドルトムント)が望むハイラインでのプレーに適応するには十分な速さがある。体も強く、その高さは空中戦で脅威になる」と、前エースとは異なる特長があると紹介している。

 

page1 page2

ランキング