流通経済大柏、マンマークでエース封じも惜敗 本田監督「子供たちはよくやった」と称賛

決勝で送り出したDF三本木、“エース殺し”を前橋育英FW飯島に付けるが…

 魂のマンマークも、ほんの一歩及ばなかった。8日の全国高校サッカー選手権の決勝戦で、流通経済大柏(千葉)は前橋育英(群馬)のエースFW飯島陸に対し、DF三本木達哉をマンマークで付ける策に出たが、最後の最後で決勝ゴールを奪われて0-1で敗れた。

 流通経済大柏の本田裕一郎監督は「三本木はインターハイでも“エース殺し”という選手で、この大会でここまでの相手にはそういう選手が見当たらず、決勝で『さあ、出番が来たね』というところで送り出しました。飯島くんは、放っておいたら何点取るのかという選手ですから」と、7得点のエースに真っ向勝負をさせた。

 三本木に対する本田監督の指示は明確だった。4バックで勝ち上がってきたチームの中で、マンマーカーの三本木が「エクストラ・マン」とでも呼ぶべき位置づけになった。飯島と三本木のところは完全に消し合いになり、「残りの10対10にする」というもの。三本木は「攻撃もしなくて良いと言われましたし、自分たちが攻めている時も離れないように付いていました」と明かした。

 その策は、終盤まで実っていた。前半の終了間際に飯島に右足シュートを許したもののゴールポスト直撃で難を逃れ、後半も無失点で耐えながら延長戦も目前に迫る。ワンチャンスをものにできればという試合展開で迎えた後半アディショナルタイム、飯島のシュートを三本木がブロック。だが、そのこぼれ球に待っていたのは相手FW榎本樹だった。榎本の右足シュートに対して、三本木も反応してブロックに行ったものの、わずかに間に合わなかった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も