浦和と海外から日本人5選手ノミネート! 「アジア版バロンドール」候補者23人発表

中国紙が13年創設の「Best Footballer in Asia」 浦和組3人に加え長友と吉田が候補選出

 中国のスポーツ紙「タイタン・スポーツ」が2013年に創設した「Best Footballer in Asia」の候補者23名が発表され、日本人選手ではAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制したJ1浦和レッズから主将MF阿部勇樹ら3人と海外組のインテルDF長友佑都とサウサンプトンDF吉田麻也という計5人がノミネートされた。また、バルセロナMFパウリーニョや浦和FWラファエル・シウバも候補入りを果たしている。

 同賞は、「フランス・フットボール」誌の欧州最優秀選手賞「バロンドール」に影響を受けて中国メディア「タイタン・スポーツ」が2013年から始めたもの。まさにアジア版バロンドールといったもので、「アジアの国籍を持つ選手」と「アジアのリーグでプレーしている選手」が対象となる。

 過去の受賞者は2013年の第1回が当時CSKAモスクワ所属だった日本代表FWの本田圭佑。14年と15年が韓国代表FWソン・フンミン(レバークーゼン→トットナム)で、16年はレスター・シティのFW岡崎慎司だった。これまでは日本と韓国のスター選手が総なめにしてきた。

 そして第5回目となる17年の候補者も明らかとなった。日本からは浦和からキャプテンの阿部を筆頭に、ハリルジャパンのレギュラーに定着したDF槙野智章、守護神のGK西川周作の3人が選ばれている。海外組では長友と吉田が選ばれ、受賞歴のある岡崎や本田は選外となった。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング