浦和MF梅崎司、湘南に完全移籍決定 「梅らしいプレーを見せます」

浦和加入から10年、契約延長のオファーがあるなかで湘南移籍を決断

 J1浦和レッズの元日本代表MF梅崎司が、来季からJ1に昇格する湘南ベルマーレへ完全移籍することが発表された。

 梅崎は大分トリニータのユースからトップチームに昇格。大分とフランスのグルノーブルでのプレーを経て2008年に浦和へ加入したが、移籍から10シーズンが過ごしたこのタイミングで浦和を離れることになった。

 梅崎は浦和を通じて「浦和レッズを愛するみなさま、長年僕を応援してくれたみなさま、来季違う色のユニフォームを来てプレーすることになりました。浦和で10年選手となることが出来、このまま大好きな浦和でずっとプレーしたい気持ちと環境を変えて勝負したい気持ちが混在していました。ありがたいことにレッズから最大限に評価してもらい延長オファーも頂きましたが、僕は一選手として、もっと成長したい、ピッチに立って躍動したい、その思いが日に日に強くなり、移籍を決断しました」と談話を発表。クラブからの契約延長オファーの存在を明かしつつ、出場機会を求めて移籍することを明かした。

 

page1 page2

トレンド

ランキング