日本代表GK川島永嗣、25歳イケメンMFとの2ショット公開 「お茶」した人物とは?

ウィンターブレイクに突入し、川島が柴崎と「お茶」した様子をインスタグラムで公開

 フランス・リーグアンのメスに所属する日本代表GK川島永嗣が、自身のインスタグラムに一枚の写真を投稿。ともに海外でプレーするヘタフェの日本代表MF柴崎岳との2ショットを公開した。

 柴崎は2016年末のFIFAクラブワールドカップで、欧州王者レアル・マドリード相手に衝撃の2ゴールを挙げる活躍で、翌年1月にスペイン2部のテネリフェに移籍。今季はヘタフェの一員として念願のリーガ・エスパニョーラに舞台を移し、バルセロナ戦では鮮やかなボレーシュートを決めた。同試合で左足を負傷し、中足骨の亀裂骨折で手術を受けたが、12月のリーグ第15節エイバル戦で約3カ月ぶりに戦列復帰を果たしている。

 互いに年内の試合を終え、ウィンターブレイクを迎えたなか、川島がインスタグラムで2ショットを公開。写真ではオシャレなレストランと思われる場所でカジュアルな服装の二人が並び、笑顔を見せて収まっている。川島は画像の投稿とともに「がくとお茶」と短く一言を添えている。ハッシュタグには「#madrid」と記されており、フランスからスペインの首都マドリードまで足を運んだようだ。

 現在34歳の川島と25歳の柴崎は、ともに海外でプレーし、日本代表でもロシア・ワールドカップ出場の喜びを一緒に分かち合った。柴崎の貴重なオフショットということもあり、返信欄には感謝のコメントなどが寄せられ、注目を集めている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

page1 page2

トレンド

ランキング