インテル長友にチャンス到来!? 右SBのレギュラー負傷離脱でスタメンに抜擢か

ダンブロージオが左膝の内側側副靭帯損傷で離脱 長友のユーティリティー性が重宝か

 インテルの日本代表DF長友佑都は、11月のセリエA第13節アタランタ戦からリーグ戦で出場機会に恵まれていない。そんな苦境のなか、負傷者発生により右サイドバックでの出場が浮上している。

 インテルは現地時間24日、公式サイトでイタリア代表DFダニーロ・ダンブロージオが左膝内側側副靭帯の損傷で、リハビリを行うことを発表。ここまで左サイドバックは長友のほかにブラジル人DFダウベルト、イタリア代表DFダビデ・サントンなどが争ってきた一方で、右サイドはダンブロージオがレギュラーを確保していた。しかし、その不動の存在がしばらく戦列を離れることになる。

 インテルは27日にはコッパ・イタリア準々決勝でACミランとのダービーマッチを控え、週末には強豪ラツィオと対戦するが、左右両サイドのプレーが可能な長友のユーティリティー性が生きる場面がやってきた模様だ。

 チーム最古参となった長友は、常に最善の準備に全身全霊を注ぐ姿勢で高い評価を得ている。右サイドバックのレギュラー離脱というチームの苦境で、再び力を発揮できるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング