「精密なパスが完全に消えていた」 韓国人記者がハリルJ“日韓戦惨敗”の要因を指摘

「スポーツソウル」紙記者を直撃 「韓国代表の出来が良かったわけではない」

 韓国代表が16日のE-1選手権最終戦の日本戦に4-1で快勝し、2大会連続の優勝を果たした。この試合を取材した韓国大手スポーツ紙「スポーツソウル」のキム・ヒョンギ記者は、まずは「今大会の日本代表選手で、ワールドカップ(W杯)メンバーに入る選手は2~3人しかいないでしょう。今回の日本代表が本来の姿とは思っていません」と語った。

 さらにキム・ヒョンギ記者は、「韓国代表メンバーは、今回出場した選手の中から半分以上はW杯に出場するでしょう。ただ、韓国代表の出来が良かったのかというと、そういうわけでもありません。いきなりPKから失点し、そこから流れが日本に傾く可能性がありましたから」と語り、決してこの日の韓国が本来のサッカーができていたわけではないとの認識を示した。

 では、3試合を通して、日本の印象はどう映ったのだろうか。

 キム・ヒョンギ記者は少し困った表情を浮かべ、「今回の日本代表は北朝鮮と中国に勝利はしましたが、北朝鮮との試合に関しては敗れてもおかしくない内容でした。中国との試合でも力の差を見せつけたというにはほど遠いレベルに見えました」と話した。

 さらに彼は「日本は狭いスペースに精密なパスを通して、攻撃の形を作るのが特徴なのに、それが完全に消えてしまっていた」と言い、日本の怖さがまったく見られなかったと試合を振り返った。

 

page1 page2

トレンド

ランキング