「彼のプレーは脅威になる」 韓国代表の元Jリーガー、4-1大勝の中で認めた日本人選手とは?

日本を“第二の故郷”と感じるキム・ミヌ 「すべての力を出し切った」

 昨季までサガン鳥栖でプレーした韓国代表DFキム・ミヌが、E-1選手権の北朝鮮戦(1-0)に続き、16日の日本戦でも先発フル出場を果たした。

 Jリーグでプロデビューし、日本のレベルをよく知るキム・ミヌにとって、日本は第二の故郷のような場所。だからこそ、韓国代表として日本代表と戦う時はベストを尽くす気持ちでいる。4-1での快勝については開口一番、「すべての力を出し切りました。勝ててとても気分がいい」と笑顔を見せる。

 日本の印象については「これまでの日本戦をビデオで見ながらミーティングをした時は、パスを主体にして、攻守に早い切り替えが印象的でした。ただ、今日の試合では私たちが日本戦に向けてしっかりと準備できた部分もありますし、北朝鮮戦と中国戦に比べても、出来が良くなかったと思います」と語った。

 キム・ミヌが続ける。

「一人ひとりの選手の能力は高いと思うのですが、まだまだ組織力の面でしっかりと準備できていないと感じました。それも国内の選手が主体なので、意思疎通も上手くいっていないのかなとも思いました」

 

page1 page2

トレンド

ランキング