E-1優勝を懸けた日韓戦スタメン発表! 好守連発のGK中村が先発、FW小林は2戦連発なるか

タイトル獲得を懸けた大一番、第2戦から先発3人を変更

 

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は16日、E-1選手権第3戦の韓国戦に向けた先発メンバーを発表した。

 

 “永遠のライバル”韓国との最終戦は、東アジアの盟主の座を懸けた優勝決定戦となった。日本は12日の中国戦に2-1で勝利し2連勝。1勝1分で2位の韓国との最終戦で引き分け以上なら、2013年大会以来2回目の優勝を果たす。

 

 タイトルの懸かったこの大一番に、ハリルホジッチ監督は第2戦の中国戦から先発を3人変更。GKには第1戦で好セーブを連発した中村航輔(柏レイソル)が入り、最終ラインには中国戦で右SBデビューを果たしたDF植田直通(鹿島アントラーズ)を再び起用。鮮やかなミドル弾を決めたDF昌子源(鹿島)も、3試合連続で名を連ねている。

 

 中盤も井手口陽介、今野泰幸らガンバ大阪勢が並び、1トップには中国戦で代表初得点をマークした小林悠(川崎フロンターレ)、右サイドにはスピードスターのFW伊東純也(柏)が再び起用された。

 

 国内組のみで戦う今大会は、Jリーグ勢にとってワールドカップ本大会メンバー入りに向けたラストサバイバルの位置づけとなっている。タイトル獲得に貢献することで、ロシア行きに一歩近づけるだろうか。

 

 日本代表の先発メンバーは以下の通り。

 

GK

中村航輔(柏)

DF

昌子 源(鹿島)

三浦弦太(G大阪)

車屋紳太郎(川崎)

植田直通(鹿島)

MF

井手口陽介(G大阪)

今野泰幸(G大阪)

土居聖真(鹿島)

FW

小林 悠(川崎)

倉田 秋(G大阪)

伊東純也(柏)

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング