香川と同じ出戻り移籍? モウリーニョ監督が語る、4戦連続「ムヒタリアン外し」の理由

直近公式戦8試合のうち7試合でメンバー外と戦力外状態が続くムヒタリアン

 

 マンチェスター・ユナイテッドのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンは、直近の公式戦8試合のうち、メンバー外が7試合と戦力外状態が続いている。指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督は、ムヒタリアンの居場所がチームにないと考えているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 

 昨夏にドルトムントからユナイテッドに加入したムヒタリアン。加入1年目は優勝したUEFAヨーロッパリーグで11試合6得点と貢献したが、リーグ戦では24試合4得点にとどまった。今季はプレミア開幕から3試合で5アシストと気を吐いたが、徐々にトーンダウンしている。

 

 13日のボーンマス戦でムヒタリアンは4試合連続のメンバー外となり、モウリーニョ監督がその理由を明かしている。

 

「ベンチには(フィールドプレーヤーを)六人しか置くことができないので、バランスを取らないといけない。(ボーンマス戦)では二人のDFをメンバーに入れたが、(ダレイ・)ブリントは複数のポジションでプレーできる。アシュリー・ヤングはウイングとウイングバックを全てカバーできる。(アンデル・)エレーラはミッドフィルダー、ズラタン(・イブラヒモビッチ)はストライカー、マーカス・(ラッシュフォード)はセカンドストライカーとウインガーだ。

 

 私は(アンソニー・)マルシアル、(フアン・)マタ、(ジェシー・)リンガードを先発でプレーさせた。ミキ(ムヒタリアン)を加えるということは、この中の誰かを外すということになるが、現時点では彼らのほうが相応しいと信じている」

 

page1 page2

トレンド

ランキング