韓国と北朝鮮の“南北対決”で3年ぶりに再会 Jリーグを共通項とする二人の友情

元新潟のキム・ジンスとJ2讃岐の李栄直が3年ぶりにピッチで対決

 

 E-1選手権で12日に行われた韓国代表と北朝鮮代表の「南北対決」は、1-0で韓国が勝利した。

 

 分断国家の両国が試合を行う時、政治的な話にも発展しがちだが、今大会はそのような空気は何もなく、両選手ともにフェアプレーを見せていた。

 

 試合後に健闘をたたえ合う両チームに拍手を送る北朝鮮応援団の姿も印象的だったが、ピッチの上で久しぶりに顔を合わせた二人がいた。現役Jリーガーで北朝鮮代表のMF李栄直(リ・ヨンジ/カマタマーレ讃岐)と、元Jリーガーで韓国代表のDFキム・ジンス(全北現代)だ。

 

 彼らは2014年に韓国で開催された仁川アジア大会に両国のU-23代表として出場し、決勝戦で対戦。試合は延長後半に韓国がゴールを決めて優勝している。

 

 キム・ジンスはアルビレックス新潟でプロデビューしたので、日本では馴染みのある人も多いだろう。2014年から16年までドイツ・ブンデスリーガのホッフェンハイムでプレー。今季からKリーグの全北現代に移籍してプレーしている。

 

 仁川アジア大会以来、着実に成長を続けているキム・ジンスに対し、李はまだJ2リーグ。試合後、李は二人でこんな会話をしたと明かしてくれた。

 

「キム・ジンスとは久しぶりに会いました。戦うのは3年ぶりですね。『相変わらずボランチでやっているんだね。まだJ2でやっているの?』って言われて。『それは仕方ない。実力だから』と返しました。『Kリーグに来ないのか』とか、『韓国来たらまた人気出るよ』なんて言われましたよ(笑)」

 

 キム・ジンスの成長に目を細めつつも、その言葉からは少し悔しさがにじんでいた。

 

page1 page2

トレンド

ランキング