UAE記者が見た本田圭佑の“価値” 代表メンバー外の現状に疑問符「理解不能だ」

準々決勝のカサブランカ戦を取材したハリド記者は高評価「タフに戦っていた」

 パチューカ(メキシコ)のFW本田圭佑は、9日のFIFAクラブワールドカップ(W杯)準々決勝・ウィダード・カサブランカ(アフリカ)戦にフル出場。延長戦の末に1-0で勝利したなか、惜しいミドルシュートを放つなど存在感を示した。現地UAEでカタール資本の衛星放送局「ビーイン・スポーツ」で記者を務めるハリド記者は、「なぜ本田は日本代表に呼ばれないのか?」と、バヒド・ハリルホジッチ監督の選考に疑問符をつけている。

 ハリド記者は第1試合でパチューカ、第2試合で浦和レッズが準々決勝を行った会場で、第1試合の担当をしていたという。実際にプレーを見た本田について、「タフなゲームだったけれども、本田もまたタフに戦っていたと思う。ACミランでプレーしていたことは知っていたが、良いシュートも打っていたし、とても良い選手だと感じた」と高く評価した。

 今年11月に日本代表が欧州遠征を行った際、ベルギー代表との親善試合も担当したというハリド記者。当時のハリルジャパンに、本田が招集されていなかったことを疑問に思ったようだ。

「ベルギー戦で日本代表のゲームを見ることができたけれども、日本も良いチームだとは思う。ただし、なぜ本田が呼ばれないのか? パチューカの試合を見た後に、正直なところ疑問に思った。怪我でもしていたのか?」

 

page1 page2

トレンド

ランキング