パチューカ本田、クラブW杯デビューへ! カサブランカとの準々決勝スタメン入り

勝てば南米王者グレミオと激突

 北中米カリブ海王者のパチューカFW本田圭佑は、6日に開幕するFIFAクラブワールドカップ(W杯)初戦となる準々決勝で、アフリカ王者ウィダード・カサブランカ(モロッコ)戦に先発出場すると発表された。

 パチューカは7年ぶり4回目の出場となるが、本田にとっては初舞台。本田は今夏ACミランから移籍金ゼロでメキシコに新天地を求め、序盤戦は右足ふくらはぎの肉離れによって出遅れたが、公式戦6ゴールとゴールを量産。イタリアメディアも「パチューカのスター」と評価するほど勢いに乗っている。

 勝てば準決勝で、南米王者に輝いたブラジルの名門グレミオが待っている。かつて、別の山で待つレアル・マドリードへの移籍を「夢」と語っていた背番号02は、この試合に勝てば対戦へ向けて一歩近づく。

 来年6月のロシア・ワールドカップの日本代表メンバー入りに向けても、この大舞台で是が非でもアピールしたいところだ。

 パチューカの先発メンバーは以下の通り。

GK
オスカル・ペレス

DF
エマヌエル・ガルシア
ホアキン・マルティネス
オスカル・ムリージョ
ロベルト・エレーラ

MF
本田圭佑
ビクトル・グズマン
ホナタン・ウレタビスカヤ
エリック・アギーレ
ホルヘ・エルナンデス

FW
アンジェロ・サガル

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング