「サンキュー」 浦和DF槙野が激励に感謝、「会いに来てくれた」元Jリーガーとは?

クラブW杯でアルジャジーラ戦に臨む浦和、槙野が元Jリーガーの訪問をSNSで明かす

 UAEで行われているFIFAクラブワールドカップ(W杯)に出場するアジア王者の浦和レッズは、9日(現地時間20時30分/日本時間10日1時30分)の準々決勝で開催国代表のアルジャジーラ(UAE)と対戦する。浦和にとって大会初戦となる試合に向けて調整を進めていたなか、元Jリーガーがチームの激励に訪れたようだ。浦和の日本代表DF槙野智章が自身の公式インスタグラムで明かした。

 浦和はアルジャジーラ戦の前日、試合会場であるザイード・スポーツ・シティスタジアムでピッチ状態を確認しつつ、トレーニングを行った。選手たちはオークランド・シティ(ニュージーランド)を1-0で破った相手の映像などを見て、スカウティングも進めているという。

 そんななか、チームを激励に訪れた元Jリーガーがいた。槙野は自身のインスタグラムに写真をアップ。日本代表GK西川周作とともに映っていたのは、今夏までサンフレッチェ広島でプレーしていた元日本代表DF塩谷司だった。

 塩谷は2012年夏から17年6月まで広島に在籍し、UAEの強豪アル・アインに完全移籍。9月の第3節アル・アハリ・ドバイ戦で初ゴールを決めるなど存在感を示していたが、11月のリーグ戦で肩を負傷。手術を行い、2~3ヶ月程度の離脱と見られている。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング