「パチューカのスター」 元ミラン10番本田を伊メディア特集「メキシコクラブの広告塔」

ミランで栄光の10番を背負った日本人司令塔の本田に注目

 北中米カリブ海王者のパチューカ(メキシコ)FW本田圭佑はUAEで行われているFIFAクラブワールドカップ(W杯)に参戦する。アフリカ王者ウィダード・カサブランカ(モロッコ)と対戦する9日の準々決勝でクラブW杯デビューが見込まれるが、昨季までACミランで栄光の背番号10を担った本田について、イタリアメディアも「元ミランのホンダがパチューカのスター」「日本人司令塔はメキシコクラブの広告塔」と特集している。

 クラブ世界一決定戦に北中米カリブ海王者として参戦してするパチューカについて、特集したのは世界的ネットワーク「FOXスポーツ」イタリア語版だ。本田が去ったイタリアでは、メキシコサッカーについての興味はほとんどないという。

「イタリアではメキシコサッカーの話題はさほどない」と特集では指摘。そのうえで、現在FIFAランク16位のメキシコの有名選手と言えば、元バルセロナDFラファエル・マルケス氏、ウェストハムFWチチャリート、そして元レアル・マドリードFWウーゴ・サンチェス氏という人気の3人を紹介している。

 クラブで言えば、チーバスとアメリカの2クラブ以外について「名前を挙げるのも難しい」というが、イタリアで知名度の低いパチューカにもお馴染みの名前は存在する。

「パチューカのスターは日本のトップ下、ケイスケ・ホンダだ」と記事では言及。ミランに3年半在籍し、今季開幕前にメキシコへと移籍した日本人の名前を挙げて次のように触れている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング