レスター岡崎にライバル登場か クラブが今冬に補強の可能性、“優先事項”のタイプは?

今季途中に招聘したピュエル監督が求めるのは「クリエイティブな10番」

 FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは今季途中にクロード・ピュエル監督を招聘。1月に再開する移籍市場では、新指揮官が求める選手を補強する可能性が浮上している。英地元紙「レスター・マーキュリー」はピュエル監督の優先事項は10番タイプの選手と指摘。トップ下でプレーすることの多い岡崎にライバル上陸の可能性が高まっている。

 レスターは今季クレイグ・シェイクスピア監督の下で始動したが、成績不振で監督交代を決断。マイケル・アップルトン暫定指揮官を経て、昨季サウサンプトンを率いていたピュエル監督を招聘した。

 チームの手綱を引くフランス人指揮官は若手のMFデマライ・グレイを重宝するなどチームに変化を加えた。その影響から岡崎はベンチスタートの機会も増えるなど立場が流動的なものとなっている。

 そして年末が近づくにつれて、活気づき始めるのが来年1月の移籍市場における移籍話だ。レスターもピュエル監督が希望する選手の獲得に動きそうだという。地元メディアは「ピュエルがチームをリフレッシュさせるとすれば、ミッドフィールドとジェイミー・ヴァーディをつなぐクリエイティブな10番が優先事項だ」と補強ポイントを指摘している。

 

page1 page2

トレンド

ランキング