男泣きのブッフォン、その胸中は? 「唯一にして最大の後悔」「悪いことをすれば罰を受ける」

代表キャプテンは60年ぶりの予選敗退を謝罪 改めて自身の代表引退も明言

 イタリア代表は現地時間13日にワールドカップ欧州予選プレーオフ第2戦でスウェーデンと対戦。スコアレスドローに終わり、2戦合計0-1で60年ぶりに本大会出場を逃した。GKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)は、イタリア国営放送「RAI」の試合後インタビューで「申し訳ない」という言葉を繰り返し、改めてこれが自身の代表ラストゲームになることを明かした。

 ブッフォンは止まらない涙で声を詰まらせながらも、キャプテンとしての責任も胸に言葉をつないだ。

「申し訳なく残念だ。自分のためではなく、スポーツ界、あるいはイタリア社会全体にとっても申し訳ない。これは自分にとって、唯一にして最大の後悔であるという思いが止まらない。時間の流れは残酷なものだが、この結末は正しいのだろう。自分にとって(イタリア代表で)最後の公式戦が予選敗退の試合になってしまって、それも申し訳ない」

 イタリアは10日に敵地で行われた第1戦を、0-1で落としてホームに戻ってきた。アウェーでの1点差は射程圏内だが、あまりにも懸かっているものが大きいゲームでは、そのビハインドが重く圧し掛かっていた。圧倒的に攻撃を仕掛けながら、ゴール前を8人、9人で固めるスウェーデンに対し、最後まで1点が遠かった。

 

page1 page2

トレンド

ランキング