イニエスタがバルサと契約延長を渋る2つの理由 黄金期を築き上げた名プレーメーカーは慎重姿勢

誰もが望まない“悪い別れ方”

 外的要因と自身の中にあるものと、2つの理由からイニエスタは契約延長の判断を先延ばしにしているという。

 一般的に、契約満了1年前となる次の移籍市場は、移籍金を得て放出するかどうか見極める時期になる。しかし、バルセロナの黄金期を築き上げてきた名プレーメーカーとの“悪い別れ方”は誰もが望まないに違いない。去就に注目が集まるイニエスタだが、その答えが出るまでには、まだ少し長い時間を必要とする状況にあるようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

page1 page2

ランキング