日本で愛されたJ助っ人…中東移籍後の姿にファン悲痛「見たくなかった」「胸が痛い」

ショルツがカタール1部アル・ワクラSCへ完全移籍【写真:徳原隆元】
ショルツがカタール1部アル・ワクラSCへ完全移籍【写真:徳原隆元】

浦和退団ショルツの中東移籍にファン反応

 J1浦和レッズを退団したDFアレクサンダー・ショルツのカタール1部アル・ワクラSC移籍が決定。同クラブの公式X(旧ツイッター)上には早速、新ユニフォームを纏った姿がアップされたなか、日本で愛されたJ助っ人とあって「胸が痛い」「見たくなかった」などの悲痛が寄せられている。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 デンマーク人のショルツは、2021年夏に母国のFCミッティランから浦和へ加入。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でもプレー経験を持つ鉄壁のセンターバックとして最終ラインを支え、22年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇などに大きく貢献した。

 今季で在籍4年目を迎えていたなか6月28日、海外クラブへの移籍を前提とした手続きと準備のためチームを離脱することを発表。30日に行われたJ1リーグ第21節のジュビロ磐田戦後、本拠地で退団の挨拶を行ったなか、7月9日にカタールリーグで2度の優勝実績を誇るアル・ワクラへの完全移籍が決まった。

 クラブの公式X上には、水色と白の縦縞ユニフォームに身を包んだショルツの姿を収めた1枚がアップ。新天地カタールで新たな一歩を踏み出した事実を知らしめるように、写真ではクラブ幹部と見られる人物と並び、右手人差し指でクラブエンブレムを抑えながら笑顔を覗かせた。

(画像はクラブ公式Xのスクリーンショットです)
(画像はクラブ公式Xのスクリーンショットです)

 ショルツといえば、日本通としても知られ、Jリーグ在籍時には日本の文化へ積極的に接する姿に好感の声も。そうした背景もあり、ファンからは「胸が痛い」「Jリーグ全体に果たした貢献は計り知れん」「やっぱ赤なんよ」「見たくなかった」といった悲痛の声が多数寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド