“天才小学生”がついに…「え、この子だったんか!」 J逸材18歳に衝撃「新時代の幕開け」

湘南の石井久継【写真:Getty Images】
湘南の石井久継【写真:Getty Images】

湘南FW石井久継がJリーグ初ゴール、18歳最後の日に劇的な逆転勝利を演出

 J1湘南ベルマーレのFW石井久継は、7月6日に行われたJ1リーグ第22節の浦和レッズ戦でJリーグ初ゴールを決めた。小学生時代から注目を集めた“天才”の新たな1ページに、「え、この子だったんか!」と驚きの声があがっている。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 石井は後半23分にFW池田昌生と交代で入ると、1-2で迎えた後半45分に大仕事をやってのけた。左サイドでFW福田翔生からの落としを受けると、ワントラップで一気に相手を置き去り。そのままボックス内に進入すると、右足を振り抜いた。

 貴重な同点ゴールに飛び跳ねて、右手でガッツポーズ。後半47分にはFWルキアンに勝ち越しゴールが飛び出し、劇的な逆転勝利に貢献した。17歳でトップチームデビューを果たした石井は7日が誕生日。この日は18歳最後の日だった。

 小学生の頃からテレビ番組に出演するなど注目を集めた逸材。SNS上では「え、この子もうこんなにおっきくなったのか!」「プロになっとったの知らんかった」「うわー懐かしい」「また、楽しみな逸材が出て来ましたね!」「エモすぎ」「新時代の幕開け」「これ凄いゴールだな」との声が並んでいた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド