J1名古屋×浦和、VARの不具合発生で後半開始が遅れるアクシデント「適用できません」

名古屋と浦和の一戦でVARに不具合が発生(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】
名古屋と浦和の一戦でVARに不具合が発生(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】

場内のビジョンには「現在機材トラブルが発生しており、VARは適用できません」

 名古屋グランパスが浦和レッズをホームに迎え撃ったJ1リーグ第20節で、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に不具合が発生して後半開始が遅れるアクシデントが起こった。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 浦和が1-0とリードしてハーフタイムを迎えた試合は、後半開始直前に場内アナウンスで「VARの不具合で後半開始が遅れている」とアナウンス。池内明彦レフェリーが両ベンチに何かを説明し、選手たちがピッチの揃ってから約2分後の再開となった。

 そして後半開始直後、場内のビジョンには「現在機材トラブルが発生しており、VARは適用できません」という表示が出された。ゲームに与える影響が懸念される。

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド