モチーフは地層? Jクラブのゴールドカラー限定ユニがファン好評「普段着にできる」「斜め上」

千葉の限定ユニフォームデザインに注目(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】
千葉の限定ユニフォームデザインに注目(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】

ゴールドカラーのシックな1着に

 J2ジェフユナイテッド千葉が公式SNSを更新。夏季限定で着用される新ユニフォームデザインを公開した。

 今回の限定ユニフォームは、ホームタウンである市原市の加茂地区にある地層の区分の一つである「チバニアン」に最大限の敬意を評してデザインされた。フィールドプレーヤーのユニフォームはゴールドカラーを基調で、GKユニフォームはシルバーカラーを採用。スポンサー名や、クラブエンブレムは同一色で統一された。

 ユニフォーム生地は、裏表共にフラットに編みたてた着心地の良いニット生地を使用し、衿素材は凹凸組織のあるポロ衿が採用されており、デザインだけでなく、素材にもこだわりを持った一着となった。

 そんななか、6月14日に公式SNSと公式サイトにて限定ユニフォームデザインがお披露目されると、「統一感が高い素晴らしい仕上がり」「これは普段着にできるやつだ、、、」「買いたくなるデザイン」「超かっこいいんですけど」「思っていた感じより斜め上」「こういう微妙な色(褒めてる)のユニもっと増えてほしい」など、反響のコメントが寄せられた。

 限定ユニフォームは8月17日のJ2リーグ第27節いわきFC戦と25日の第28節ベガルタ仙台戦の2試合で着用予定となっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド