“51億円”日本代表DFがバイエルン移籍“目前”か ロマーノ砲も「選手側でも合意が最終段階」

日本代表の伊藤洋輝【写真:徳原隆元】
日本代表の伊藤洋輝【写真:徳原隆元】

伊藤洋輝にバイエルン移籍が急浮上

 ドイツ1部シュツットガルトの日本代表DF伊藤洋輝にビッグディールが近づいているようだ。ドイツ紙「ビルト」のトビ・アルチェッフル記者が報じた。

 自身の公式X(旧ツイッター)でドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンへの移籍を伝え、「唯一欠けているのは契約書へのサイン」とした。規約解除金は3000万ユーロ(約51億円)だという。

 これを受けて移籍情報に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏も「バイエルンは3000万ユーロの契約解除金を発動することで、シュツットガルトの伊藤洋輝の獲得に近づいている! 選手側でも合意が最終段階」と秒読みであることを明かした。

 現在25歳の伊藤は、2021年にジュビロ磐田からシュツットガルトへ渡り欧州挑戦。2023-24シーズンはブンデスリーガ躍進したチームを後方から支え、チームは無類の強さを誇ったレバークーゼンに続く2位で1年を終え、CL出場権も得た。伊藤はリーグ戦26試合に出場し2アシストをマーク。今夏の去就についてはイングランド1部トッテナムからの関心も報じられていたなか、本人は「CLもそうだし、ビッグクラブにいくこともそうだし、あとは、どこにチャレンジできるかところをしっかり見て、選んでいければ。もちろんプレミアにもこだわりはありますけど、とにかくネームバリューのあるクラブに行きたい」と話していた。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド