横浜FM、クラブ史上初のACL決勝進出が決定 数的不利も蔚山とのPK戦“死闘”制す

横浜FMがPK戦を制して初のACL決勝へ【写真:徳原隆元】
横浜FMがPK戦を制して初のACL決勝へ【写真:徳原隆元】

2戦合計3-3で120分の延長戦を戦い抜き、PK戦を5-4で勝利した

 横浜F・マリノスは4月24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦で韓国1部蔚山現代と対戦。3-2で90分間を終え、合計スコア3-3でPK戦に突入。試合開始から30分間で3ゴールを奪い、圧勝劇に思われたなか、DF上島拓巳の一発退場により、一転して苦戦を強いられる展開に。それでも激闘の末のPK戦を5-4で制し、クラブ史上初となる決勝へと駒を進めた。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 敵地で行われた第1戦を0-1で落とした横浜FMは、クラブ史上初の決勝進出を果たすため、ホームでの第2戦での勝利が絶対条件となった。試合は前半13分、中盤のパスワークからペナルティーエリア右に抜け出したMF植中朝日がゴール左隅に流し込み、先制に成功。さらに前半21分、ペナルティーエリア中央でボールを受けFWアンデルソン・ロペスが左足を振り抜き、ゴール右のネットを揺らして追加点を奪った。

 勢いそのままに猛攻を仕掛ける横浜FMは同30分、再び植中がゴール右上にミドルシュートを叩き込んだ。試合開始30分で3ゴールを記録するこれ以上ないスタートを切ったが、前半36分にCKから1点を返されると、風向きが一気に変わることに。同40分にカウンターを受けた際、ペナルティーエリア内で上島がハンドを犯し、PKを献上。さらにDOSGOとしてレッドカードが提示され、数的不利に陥ることに。PKも決められ2-3となり、合計スコア3-3で振り出しに戻された。

 後半2分には鋭いグラウンダーのシュートをゴール左に流し込まれるも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が入り、オンフィールド・レビューの確認の結果、オフサイドの位置に立っていた相手選手の関与を見なされ、ゴールは取り消しに。その直後、今度は左サイドでDF永戸勝也が蹴り込んだクロスをFWヤン・マテウスがヘディングで叩き込むが、こちらもオフサイドが取られ、無効となった。

 その後もポスト直撃のシュートを放たれるなど、攻め込まれる時間が続くなかで耐え凌ぎ、試合は延長戦に突入する。延長後半11分にセットプレーの流れからネットを揺らされるも、オフサイドで難を逃れた。横浜FMは延長の30分間も耐え抜き、決着がつかないままPK戦にもつれ込んだ。互いに4人ずつが決めたなか、5人目の相手キッカーのシュートをGKポープ・ウィリアムがセーブ。最後のキッカーを務めたDFエドゥアルドが決め切り、横浜FMが5-4で競り勝ち、決勝進出を成し遂げた。

 決勝ではアラブ首長国連邦(UAE)の強豪アル・アインと激突する。

(城福達也 / Tatsuya Jofuku)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド