リバプール遠藤の“危機察知プレー”に脚光 ピンチ事前阻止に称賛「さらっとやってる」「上手い」

フルハム戦にフル出場した遠藤航【写真:Getty Images】
フルハム戦にフル出場した遠藤航【写真:Getty Images】

遠藤はフル出場で3-1勝利に貢献

 イングランド1部リバプールは、現地時間4月21日に行われたプレミアリーグ第34節フルハム戦で3-1の勝利を収めた。この試合でフル出場を果たした日本代表MF遠藤航が見せた、危険を察知したプレーに「本来の読みが帰ってきた」「ナイスカバー」と注目が集まっている。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 前節のリーグ戦を落としているリバプールは、フルハムの本拠地に乗り込んだ。試合は前半32分、DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが鮮烈な直接フリーキック弾を叩き込み先制するも、同アディショナルタイムに同点弾を奪われた。それでも、後半に入り猛攻を仕掛けると、同8分、同27分にゴールを奪って3-1で勝利をした。

 この試合、アンカーでフル出場した遠藤は攻守で存在感を見せ、チームの勝利に貢献。そんななか、遠藤が後半に見せた復調を感じさせるプレーが話題を呼んでいる。

 後半7分、ハーフライン付近でロングボールをフルハムFWロドリゴ・ムニスが胸でパスを選択。そのパスで抜け出そうとFWアレックス・イウォビが走り出すも、危険を察知した遠藤が下がりカット。チャンスの芽を摘むと、その流れでロングボールでサイドチェンジをして味方につなげた。

 このプレーにファンからは「さらっとやってるけどこの危機察知能力クッソ高いと思う」「本来の読みが帰ってきた」「ナイスカバーすぎる」「後半別人」「ここの守備うまい」「素晴らしい」「こういう判断力と質の高いロングパスは現地ファンに好まれる」と、称賛のコメントが寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド