サウサンプトン吉田に新パートナー誕生か? ミランと破談のウルグアイ代表DFを電撃補強も

 

ミランとの商談が土壇場で決裂したDFカセレス、サウサンプトン電撃移籍の可能性が浮上

  ACミランからのオファーを断った元ユベントスのウルグアイ代表DFマルティン・カセレスがサウサンプトンに電撃移籍話が浮上しており、日本代表DF吉田麻也とセンターバックコンビを組む可能性が浮上している。イタリアメディア「カルチョメルカート」が報じた。

メッシ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合ライブ配信中【PR

 カセレスはサイドバックで故障者の離脱したミランの救世主として期待され、マドンニーナ病院でメディカルチェックもパスし、移籍が実現と見られていた。ところが、カセレスの要求する年俸を金欠ミランが支払えず、結局、商談は土壇場で決裂となった。

 カセレスにはプレミアリーグのサウサンプトンとクリスタルパレスが獲得に興味を示しており、交渉にロンドンに向かうと報じられている。

 サウサンプトンは最終ラインの選手層で脆弱を露呈している。キャプテンだったポルトガル代表DFジョゼ・フォンテが今冬にウェストハムに移籍。オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが左足首故障で離脱という窮地に陥っている。レギュラーだったセンターバックコンビの離脱で、吉田がレギュラーに抜擢されているが、現在の相棒は22歳のジャック・ステファンズで経験不足は否めない状況だ。

 セビージャ、バルセロナ、ユベントスと名門を渡り歩いてきたカセレスは、昨夏にユベントス退団後、約半年間サッカーから遠ざかっているが、その実績に申し分はない。移籍金は不要なだけに優良な掘り出し物となりそうだ。リーグカップ決勝でマンチェスター・ユナイテッドと戦うサウサンプトンは、吉田の新たな相棒候補を電撃補強できるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング