リバプール遠藤は「後半にコントロール失った」 2失点目“見過ごし”に現地辛辣評価

リバプールの遠藤航【写真:Getty Images】
リバプールの遠藤航【写真:Getty Images】

リバプールはユナイテッドに2-2のドロー

 イングランド1部リバプールは現地時間4月7日、プレミアリーグ第32節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、2-2の引き分けに終わった。日本代表MF遠藤航は先発出場を飾るも、後半24分にピッチを退いた。現地メディアでは「2得点目をみすみす見過ごした」「ユナイテッドを寄せ付けなかったが、後半にコントロールを失った」と厳しい評価が並んでいる。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 首位を守るためには勝利が必須な状況で宿敵ユナイテッドとの大一番を迎えたなか、試合は前半23分、CK(コーナーキック)からのボールをFWダルウィン・ヌニェスが頭で後方へすらし、走り込んだFWルイス・ディアスがダイレクトで押し込んで先制に成功。その後も幾度となく決定機を演出するも、追加点を奪うことができずに前半を折り返した。

 すると後半5分、DFジャレル・クアンサーのパスミスを拾った相手MFブルーノ・フェルナンデスにロングシュートを許し、エリア外に位置取っていたGKクィービーン・ケレハーはなす術もなく無人のゴールに流し込まれた。ユナイテッドの初めてのシュートで同点とされた事態に動揺を隠せないリバプールはさらに同22分、MFコビー・メイヌーに逆転弾を許してしまう。

 窮地に立たされたリバプールは遠藤を下げてMFハーベイ・エリオットを投入すると、そのエリオットが後半38分にペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。これをFWモハメド・サラーが決めて試合を振り出しに戻した。その後も勝ち越しゴールを目指すが、そのままタイムアップ。2-2のドローに終わり、リバプールは首位陥落となった。

 英地元紙「リバプール・エコー」はユナイテッド戦に出場した10点満点で採点し、遠藤には6点を付けている。寸評では「リバプールのポゼッション時は良かったが、ユナイテッドのカウンターには対応に手こずっており、2得点目をみすみす見過ごした」と指摘。また、英メディア「90min」も6点としており、「前半はユナイテッドを寄せ付けなかったが、後半に同点弾を許してからはコントロールを失った」と厳しい評価を下している。

 どちらのメディアも、メイヌーの逆転弾の際に、近場にいた遠藤がブロックにいけず容易にシュートを許してしまったことで評価を落としたようだ。前半にユナイテッドを圧倒していたリバプールにとっては痛すぎるドローとなったが、残りの試合で巻き返すしかない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド