久保建英が今季7点目で「干ばつを打破」 ソシエダ待望の6戦ぶり得点に現地喝采「驚かせた」

マジョルカ戦でゴールを挙げた久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカ戦でゴールを挙げた久保建英【写真:Getty Images】

久保は約2か月ぶりとなるゴール

 スペイン1部レアル・ソシエダは現地時間2月18日、ラ・リーガ第25節でマジョルカとアウェーで対戦し2-1で勝利した。日本代表MF久保建英は昨年12月以来となる2か月ぶりの今季7ゴール目をマーク。海外メディアは採点で高評価を与え、久保の活躍を絶賛している。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 試合は前半4分にホームのマジョルカに先制され1点ビハインドの展開に。0-1で迎えた同38分、中盤で味方が奪ったボールが右の久保につながると一気にスピードアップ。ペナルティーエリア手前まで運び、コンパクトな左足の振りから無回転シュートを放つ。GKプレドラグ・ライコビッチの手を弾きネットを揺らした。

 この一撃で同点に追い付いたが、久保は古巣相手だったこともあり“ノーセレブレーション”。両手を挙げマジョルカに敬意を示し、話題を呼んだ。またソシエダは公式戦5試合連続でノーゴールだったため、久保のゴールが実に6試合ぶりの得点となった。チームはさらに試合終了間際にゴールを挙げて2-1の逆転勝利を収めている。

 スペイン紙「エル・デスマルケ」は採点で久保をチーム最高タイの7点をつけ、「試合に入るのは難しかったが、すぐに本領を発揮した。彼は素早いシュートで驚かせた」と称えた。また「久保とメリノが干ばつを打破」との見出しで貴重なゴールを絶賛していた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド