森保J、アジア杯の「GK問題」を考察 経験の差が露呈…招集すべきだったベテランとは?【現地発】

鈴木彩艶をはじめ代表経験が浅い今回のGK陣【写真:Getty Images】
鈴木彩艶をはじめ代表経験が浅い今回のGK陣【写真:Getty Images】

イラク戦に向けてトレーニング

 日本代表は1月17日、カタール・ドーハでアジアカップ・グループリーグ第2戦イラク戦(19日)に向けて練習を冒頭40分間公開した。MF三笘薫も約30分間の部分合流、DF渡辺剛が別メニューで調整した。14日の第1戦ベトナム戦では苦戦しつつも4-2の白星スタートを切った森保ジャパン。守護神候補のGK鈴木彩艶は2失点の反省を口にしたなかで、森保ジャパンで絶対的なレギュラーが不在となっているGK問題を分析する。(取材・文=FOOTBALL ZONE編集部・小杉舞)

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

   ◇   ◇   ◇

「難しさというよりか自分としてはセットプレーの準備であったり、失点したシーンの技術的なミスの部分であったので、しっかりと反省して次につなげていきたいなと思います」

 ベトナム戦の2失点をしっかりと振り返った鈴木。セットプレーからの2失点はGKの問題だけではなかったが、若き守護神候補にとってはほろ苦いアジア杯デビューとなった。

 今回のアジア杯はサンフレッチェ広島の大迫敬介が昨年12月に右手舟状骨骨折の手術を受けて全治2か月と診断された。アジア杯の出場が絶望となったなかで、パリ五輪世代の野澤大志ブランドンが昨年末から始まった合宿、元日のタイ戦に招集。続けてアジア杯メンバーにも選出された。

 もう1人は昨シーズンの優勝キーパーである前川黛也。ただこの3人合わせて国際Aマッチ出場が6試合(ベトナム戦込み)という経験値がかなり浅いメンバーとなっている。

 今回、次の守護神候補である鈴木がベトナム戦に出場したが、GK内で自身の経験を伝えたり、メンタルケアをできる人材はいない。鈴木自身、すでに次戦に目を向けて切り替えている様子ではあったが、決勝トーナメントに進み、重圧も高まってくるなかで牽引する存在は必要だったのではないか。

 今後、鈴木を軸に据えるとは思われるが、だからこそ1か月以上合宿期間があるなかで、例えば、ジュビロ磐田に移籍したばかりの川島永嗣やガンバ大阪の東口順昭らベテラン勢を招集すればリーダーシップを取ってくれたのだろうと感じる。フィールド選手のフォローもあるが、特殊なポジションだけに壁にぶち当たった時に引き上げてくれる存在がいれば……と思う。

 ただ、アジア杯はフレッシュな3人で乗り切る。第2戦以降も鈴木を主に起用して経験を積ませるだろう。今後十数年、未来に目を向けた場合にはこの“先行投資”が大きな財産となっているかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング