近江GK山崎、セットプレーの守備に自信も…決勝戦で悔やんだワンシーン「自分が我慢して対応していたら…」【高校選手権】

近江の山崎晃輝が決勝戦を振り返った【写真:徳原隆元】
近江の山崎晃輝が決勝戦を振り返った【写真:徳原隆元】

GK山崎晃輝はセットプレーへの守備には自信

 第102回全国高校サッカー選手権の決勝戦が1月8日に国立競技場で行われ、近江(滋賀)は青森山田(青森)に1-3で敗れ、準優勝に終わった。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 表彰式後、青森山田の選手たちが優勝カップを掲げる姿を見ることができなかったと、近江のGK山崎晃輝は振り返る。

「あと1個で、あともう少しのところまで来て、日本一というのを達成できなかったなかで、相手チームが喜んでいるのを見ると、ちょっと悔しかったので。見ることができなかったです」

 そう話す山崎は、青森山田のストロングポイントであるロングスローやセットプレーでは失点を許さず。決勝進出を決めたあとの2日間で上手く対策できたと言う。

「自分も積極的に出て、ロングスローであったり、コーナーキックのところで、2日間という短い間の中での対応になったんですけど。できる限りのことをGKコーチ、キャプテンの金山(耀太)、センターバックの西村(想大)を含め、セットプレーに関しては話していたので。自信はありました。守備に関しては」

 そして、「今年のチームは、コーナーキック、ロングスローの守備に関しては、プリンスリーグで1年間積み重ねてきたものがあって。最後自信を持って全員やれていたので。失点はしないと思っていました」と山崎は胸を張った。

 結果的に3失点した近江にとって惜しまれるのは、1-1に追い付いたあとの2失点目。FW米谷壮史との1対1となったこの場面について山崎は、目の前のモニターに出た場面を見て思うことがあったという。

「失点したあとにモニターに(リプレイが)映るじゃないですか。それで見た時に、あそこでもう1個、自分が我慢して対応していたらまた違う結果になったかなと思いますけど」

 そう話す山崎だったが、「自分の判断でやったことなんで。悔いはないです」ときっぱり言い切った。

「素直にあと一歩で日本一というところまで来て、負けたことが悔しいんですけど。小さい頃から夢であった国立の舞台に立てたことは、最高に嬉しいです」と話す山崎は、今大会に懸けてきたこともあり「まだ来年のことは考えてないんですけど」としつつ、「でもやっぱり、このピッチでの負けは、やっぱりこのピッチで返さないといけないと思うので。またこのピッチに帰ってきたいと思います」と3年生として臨む次回大会を見据えていた。

page1 page2

江藤高志

えとう・たかし/大分県出身。サッカーライター特異地の中津市に生まれ育つ。1999年のコパ・アメリカ、パラグアイ大会観戦を機にサッカーライターに転身。当時、大分トリニータを率いていた石崎信弘氏の新天地である川崎フロンターレの取材を2001年のシーズン途中から開始した。その後、04年にJ’s GOALの川崎担当記者に就任。15年からはフロンターレ専門Webマガジンの『川崎フットボールアディクト』を開設し、編集長として運営を続けている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング