エキシビションならでは! ボランチ遠藤保仁のGK姿が大反響「レア過ぎる」「貴重なものも観れた」

遠藤保仁のGK姿に反響【写真:徳原隆元】
遠藤保仁のGK姿に反響【写真:徳原隆元】

本田圭佑考案の「4v4 JAPAN CUP U10 2023」の中でGKとしてプレー

 ワールドカップ(W杯)出場3回を誇るMF本田圭佑は12月26日、自身が発起人として考案した「4v4 JAPAN CUP U10 2023」の決勝戦を横浜国際プールで開催。日本代表の戦友が集うレジェンドマッチも行い、大盛況となった。そのなかで、日本を代表するボランチであるMF遠藤保仁(ジュビロ磐田)のGK姿が注目を集めた。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 U-10初の全国大会に位置付けられる当大会は、GKを含めた4対4の形式で、キックインだけでなくドリブルインも可、ペナルティーエリア外からのゴールは2得点でエリア内でのゴールは3得点と、リスクを犯してゴール前に攻め込む意識を少年期から育みたいという本田の思いを体現したオリジナルルールを導入。U-10決勝戦後、優勝チームは本田率いるスペシャルプロチームに挑戦、さらにプロ選手によるエキシビションマッチも行われた。

 DF長友佑都(FC東京)、DF酒井高徳(ヴィッセル神戸)、MF遠藤保仁(ジュビロ磐田)、MF乾貴士(清水エスパルス)、MF宮市亮(横浜F・マリノス)、MF家長昭博(川崎フロンターレ)、昨季限りで現役を引退した李忠成氏といった豪華な顔ぶれが揃ったなか、2021年シーズン以来無所属が続いている本田は何本ものスルーパスで得点を演出し、ブランクを感じさせない存在感を示していた。

 U10全国優勝チームと本田率いるプロチームの対戦では、序盤に遠藤がGKポジションへ。黒のキーパーグローブを身に着けてゴールを守る姿が見受けられ、「アベマサッカー」公式X(旧ツイッター)が「4v4でしか見られない貴重な瞬間!? 日本を代表するMF遠藤保仁がゴールキーパーをつとめる…!!」と動画を公開すると、SNS場では「ヤットさんのキーパー姿はレア過ぎる」「キーパーのヤットさんという貴重なものも観れた」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング