「それどこで売ってるの?」 ペップ、浦和戦で着用“不思議なロンT”が話題「袖にボタン?」

ジョゼップ・グアルディオラ監督【写真:ロイター】
ジョゼップ・グアルディオラ監督【写真:ロイター】

浦和相手に3-0の完勝

 イングランド1部マンチェスター・シティは現地時間12月19日にサウジアラビア開催のクラブ・ワールドカップ(W杯)準決勝でJ1浦和レッズと対戦し、3-0で完勝した。そのなかで、ジョゼップ・グアルディオラ監督の服装が話題となっている。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 16日にプレミアリーグのクリスタルパレス戦に2-2で引き分けた後にサウジアラビア入りしたシティは、大会登録メンバーからノルウェー代表FWアーリング・ハーランドやベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネを外した。それでも、MFロドリらの主力はスタメンに入った。

 シティはMFジャック・グリーリッシュが左サイド、MFフィル・フォーデンが右に開き、中央をMFマテオ・コバチッチ、MFベルナルド・シルバ、MFマテウス・ヌニェスが流動的に動く後ろにロドリが構えた。浦和の守備に苦戦しながらも前半アディショナルタイム、左サイドを割ると、ヌニェスが中央に入れたラストパスに対して浦和DFマリウス・ホイブラーテンがクリアを試みたが、オウンゴールとなった。

 1点リードのシティは後半に入っても攻勢をかけ続けて同7分、右サイドのDFカイル・ウォーカーから一発のスルーパスでMFマテオ・コバチッチに抜け出し、西川との1対1を決めて2点リードに広げた。さらに後半14分、長いボールを使ったカウンターでヌニェスがシュート。西川が弾いたこぼれ球をシルバが蹴り込んで3点差になった。

 このまま3-0で勝利。フルミネンセとの決勝に駒を進めた。

 そのなかで、グアルディオラ監督の服装が話題となっている。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)公式SNSが浦和のマチェイ・スコルジャ監督と握手するシーンを公開。スーツ姿のスコルジャ監督に対して、白いロングTシャツを着こなすグアルディオラ監督に思われたが、袖はシャツのようにボタンが留めてあるように見える。だが、中央はボタンがないため、ノーカラーシャツというわけではない。これにファンは「それどこで売ってるの?」「ペップ着てるのロンT?」「ペップのそれどこの」「袖にボタン?」と困惑しているようだった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング