「大久保や平山に学べ」 高校サッカー史に輝く“名将”小嶺監督、強豪校撃破に見えた真骨頂

長崎総科大附が強豪・桐光学園に2-0勝利

「私なんか大した監督じゃない、遊んでいるだけ。コーチ陣がよくやってくれている。私はその辺のゴミと一緒ですから(笑)」

 試合後、長崎総科大附の小嶺忠敏監督は、お茶目な笑顔を浮かべてそう口にした。

 長崎総科大附(長崎)は31日、第95回全国高校サッカー選手権大会の1回戦で桐光学園(神奈川)と対戦し、2-0で勝利。2回戦進出を決めた。

「試合内容に負けて、勝負に勝った試合。80分間最後まで集中力を保った。今年はそれしか取り柄がないからね(笑)。それぞれ各自が与えられた仕事を遂行し切ったことに関しては評価したい」

 長崎総科大附の最大の武器でもある組織的攻撃力が冴え渡った試合だったが、小嶺監督はその笑顔とは裏腹に、強豪校撃破を成し遂げたチームへ厳しい言葉を投げた。それは、厚い信頼を語るようにも見えた。

 この日、長崎総科大附の最終ラインは、桐光学園の攻撃陣を相手にマンマークを徹底させる戦術を導入した。「普段はそんなことはないけど、今日はそうせざるをえない。うちの素の能力で戦って勝てる相手ではないから」と力量差を分析し、それを真正面から素直に受け止めた英断だった。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング