ベガルタ仙台、Jリーグ秋春制シーズン移行「反対」を表明 「具体的な解決策が示されるに至っておりません」

仙台が公式ホームページで発表(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】
仙台が公式ホームページで発表(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】

クラブが公式ホームページで発表

 J2ベガルタ仙台は12月13日、Jリーグのシーズン移行について14日の実行委員で賛否を表明する投票が行われることから「反対」することを公式ホームページ上の声明で発表した。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 ただし、クラブは今後課題の具体的な解決策が示された場合には実現に向けて協力していくとした。14日の実行委員会を経て、19日には理事会が行われ、シーズン移行が承認される見込みとなっている。

 クラブの声明は以下のとおり。

「平素は当クラブへの応援、ご支援をいただきありがとうございます。Jリーグシーズン移行について、当クラブでは、トップチームやフロントスタッフ、株主、サポーターのみなさま等、様々な方々からもご意見をいただきながら、慎重に議論を重ねてまいりました。

 12月14日(木)の実行委員会では、全クラブが賛否の表明をする投票が行われるため、投票に臨むに当たっての当クラブの考え方をここに表明をさせていただきます。

 我がホームタウンである宮城、仙台は、冬季には毎年厳しい寒気に見舞われ、積雪や凍結など日々の生活においても様々な苦労と制約を受ける寒冷地であります。Jリーグが示すサッカー界における環境変化、ACLやクラブワールドカップの制度変更、並びに日本での猛暑の影響等は十分理解できる一方で、移行した場合の冬季における試合開催の困難や平日開催の増加といった集客やボランティア参加の課題や行政年度とのズレによる公共施設の会場確保への影響、更には、移行に伴う臨時的支出の増加など経営に与えるインパクトなどを熟慮したとき、乗り越えるべき課題はまだ山積している状況にあると認識しています。

 これらの残された課題に対しては様々な案が示され、60クラブ共同で検討作業が続けられている途上にあり、未だ皆が納得感を得られる具体的な解決策が示されるに至っておりません。よって、課題解決の目途が立つまでは、シーズン移行に対しては「反対」を表明せざるを得ません。

 ただし、今後具体的な課題解決案や代替案が示され、それが当クラブや株主、サポーターのみなさま並びに降雪地域のクラブにとっても納得感があり、ハンディとならないようなものであれば、当クラブとしてもその実現に向けてJリーグの一員として協力していく所存です。引き続き、Jリーグ並びに日本サッカー界全体がさらなる発展を遂げるために、クラブとしてしっかりと意思をもち、課題に向き合いながら議論に参加していきます」

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング