清水MF乾貴士、J2最優秀ゴール受賞の20m級ミドル弾は「まぐれ」 「そんなに手応えがあったとは思わないけど…」

乾貴士が大分戦で決めたミドル弾が最優秀ゴール賞に【写真:Getty Images】
乾貴士が大分戦で決めたミドル弾が最優秀ゴール賞に【写真:Getty Images】

「2023 J2リーグアウォーズ」で表彰

 今季のJ2リーグで活躍したチームや選手を表彰する「2023 J2リーグアウォーズ」が12月7日に開催され、最優秀ゴール賞には清水エスパルスの元日本代表MF乾貴士のミドルシュートが選出された。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 このゴールは7月9日の第25節の大分トリニータ戦の後半18分、ゴール正面からドリブルで前進した乾が約20メートルの距離から右足で巻いて落とすようなシュートを放つと、鋭く曲がり落ちてゴール右上のギリギリの位置に落ちてくる一撃になった。

 乾は受賞について「ほかの選手、チームにいいゴールはたくさんあったので、これが年間とはあまり思っていなかったけど、選ばれて受賞できたのは嬉しいです」とコメントしてる。

 そして、このゴールについては「だいぶ前のことであまり覚えていないですが」としつつも、「色々な選択肢を持ったなかで最後に思い切ってシュートを打とうとなった。思い切りよく打てたかなというのはある。まぐれに近いというか、まぐれなので。そんなに手応えがあったとは思わないけど、たまにああいうまぐれはあるので、それが年イチで出たかなと思います」と、謙遜しながら振り返っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング