C大阪DF毎熊晟矢、サイドハーフ経験で成長実感も「まだまだ課題がある」 変化したプレーとは?

C大阪でプレーする毎熊晟矢【写真:徳原隆元】
C大阪でプレーする毎熊晟矢【写真:徳原隆元】

ベストイレブンに初選出

 セレッソ大阪に所属する日本代表DF毎熊晟矢は、12月5日に横浜アリーナで開催された「2023Jリーグアウォーズ」でベストイレブンに初選出された。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 今シーズンの毎熊は、リーグ戦31試合に出場して1得点を記録。FW出身の攻撃的なプレーが評価されて、森保一監督率いる日本代表にも招集され、トルコ戦(4-2)でA代表デビューも飾っていた。

 充実の1年を過ごした毎熊だが「本当に優秀選手に選ばれたみなさん以外でも素晴らしい選手がたくさんいるなかで、こうやって(ベストイレブン)選んでいただいて嬉しかったですし、ますます頑張らないといけないなっていう気持ちになりました」と、初のベストイレブン選出に刺激を受けた様子だった。

 そして、今シーズンできたことと来季への課題については「去年、サイドハーフでプレーした経験から、今年はより中に入る機会が増えました。その中と外を使い分けるポジショニングは成長した部分だと思います。守備のところはまだまだ課題があると思うので、そういった部分を伸ばしていければなと思います」と、守備力の向上に取り組む姿勢を見せた。

(河合 拓 / Taku Kawai)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング