クラブW杯の躍進で「一回りも二回りも大きくなった」 鹿島の“日替わりヒーロー”が誓う天皇杯制覇

赤崎が貴重な決勝弾! 過密日程のなかで難敵広島に競り勝ちベスト4進出

 鹿島アントラーズのレジェンドを師と仰ぐストライカーが、見事な決勝ゴールを決めた。24日の天皇杯準々決勝で、鹿島アントラーズはサンフレッチェ広島と対戦。苦しいゲーム展開のなかで、後半12分にFW赤崎秀平が決勝ゴールを挙げ1-0で勝利した。

 鹿島は11月29日のJリーグチャンピオンシップから、この1カ月足らずの間に7試合を消化するハードスケジュール。欧州王者レアル・マドリードを相手に延長戦まで持ち込んだFIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)決勝からは中5日という厳しい日程のなかで、FW金崎夢生、MF柴崎岳、DF西大伍の3人が欠場した。

 主力を欠いた影響か、前半の半ばから広島にペースを握られた鹿島だったが、後半12分に赤崎の一撃で流れを引き寄せる。

 MF小笠原満男が中盤で前を向くと、相手最終ラインの背後にふわりとしたパスを狙った。赤崎が「たぶんアツくん(MF中村充孝)に出したと思うけど」というパスだったが、中村に広島DFが2人引きつけられたところで抜け出した。右サイドの角度のないところからのボレーシュートになったが「前半から良いアシストを外していたので、次は決める気持ちでした」と、迷うことなく右足を振り抜いた一撃は、逆のサイドネットに吸い込まれた。

 

page1 page2

トレンド

ランキング