福岡が悲願の初Vへ前進! ルヴァン杯決勝2-0リードで前半終了、前寛之&宮大樹がゴール

ルヴァン杯決勝は福岡が前半で2点をリード【写真:徳原隆元】
ルヴァン杯決勝は福岡が前半で2点をリード【写真:徳原隆元】

国立決戦、ルヴァン杯決勝で浦和と対戦

 国内3大タイトルの1つ、11月4日に国立競技場で行われるルヴァンカップ決勝戦、アビスパ福岡と浦和レッズの一戦は、クラブ初タイトルを狙う福岡が2-0でリードしてハーフタイムを迎えた。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 福岡はグループステージD組を勝ち点13で首位通過し、準々決勝でFC東京、準決勝で名古屋グランパスを破って決勝へ。これがクラブ史上初タイトルへの挑戦になった。一方の浦和はグループステージB組を1勝5分の勝ち点8で、3チームが並んで直接対決の成績比較で上回って首位通過。準々決勝ではガンバ大阪、準決勝では横浜F・マリノスを下した。10試合で5失点の守備力を生かし3回目の優勝を狙う。

 そのゲームは開始早々に動いた。前半5分、福岡は攻撃を右に展開し、FW紺野和也がDF荻原拓也と対峙すると利き足の中央方向ではなく縦へ突破。ゴール前を横切る速いボールを入れると、逆サイドからMF前寛之が走り込んで押し込んだ。

 追いかける展開の浦和は右サイドの高い位置にFW髙橋利樹を置くことで、DF酒井宏樹の位置を起点に前進するビルドアップを試みた。時間の経過とともにペナルティーエリア付近まで到達する攻撃が増えたが、福岡の最終ラインを崩すような局面には至らず決定機を作れない。

 逆に前半アディショナルタイム、セットプレーの2次攻撃で左サイドから紺野が中央に入れたボールをDF宮大樹が流し込んで2点目。福岡が2-0のリードでハーフタイムを迎えた。追いかける浦和はベンチメンバーに攻撃的な選手を多く入れているだけに、マチェイ・スコルジャ監督がどのような采配を見せるかも注目される。一方の福岡は、リードした状態でタイトルへのカウントダウンが始まる後半はプレッシャーと戦うことにもなりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング