クラブW杯の疑惑判定、主審「聞き間違い」と釈明 「私には“ノーカード”が“カード”に聞こえた」

渦中のシカズ氏が自身のジャッジについて振り返る

 FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)決勝レアル・マドリード対鹿島アントラーズで主審を務めたザンビア人のジャニー・シカズ氏は、物議を醸している後半終了間際のジャッジについて“聞き間違い”が原因と説明している。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 問題のシーンは後半45分、カウンターに出ようとしたFW金崎夢生をセルヒオ・ラモスが引き倒したシーンだ。すでに警告を1枚受けていたレアルの主将に、シカズ氏は2枚目の警告を出そうとしたものの、すんでのところで提示しなかった。結局セルヒオ・ラモスはお咎めなしとなり、ゲームの流れは一変してしまった。

 この一連の流れは日本やスペインだけでなく、世界中のメディアで不可解な判定として大きく取り上げられることになった。

 そして渦中のシカズ氏が自身のジャッジについて振り返った。このクラブW杯ではFIFA主催大会として初めてVAR(ビデオアシスタントレフェリー)が試験導入されていたが、このプレーがその対象とならなかったことも明かしている。

 

page1 page2

ランキング