南米王者のナシオナルが世界3位に! 2-2の末、PK戦でクラブ・アメリカを撃破

序盤から主導権を握ったのはナシオナル 前半はそのまま南米王者が2-1とリード

 FIFAクラブワールドカップ3位決定戦は、18日に横浜国際競技場で行われた南米代表アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)と北中米カリブ海代表クラブ・アメリカ(メキシコ)の対戦となった。2-2の末にもつれ込んだPK戦はナシオナルが4-3で勝利。南米勢の意地を見せて3位を確保した。

 序盤から主導権を握ったのはナシオナルだった。15日の準決勝でレアル・マドリード(スペイン)も苦戦したクラブ・アメリカの3バックを次々に攻略してチャンスを作っていった。そのなかで前半6分、スルーパスにナシオナルFWオルランド・ベリオが抜け出したところに必死で戻ったクラブ・アメリカDFミゲル・サムディオが触ったボールがそのままゴールに吸い込まれ、オウンゴールでナシオナルが先制した。

 さらにナシオナルは同26分、右サイドからの細かいパスワークで完全に最終ラインを崩すとMFアレハンドロ・ゲラが鮮やかなシュートを決めて2-0とリード。このままワンサイドゲームになるかと思われた。

 しかし、クラブ・アメリカも同38分、右サイドからの攻撃で逆サイドを経由して中央に折り返されたボールをFWミカエル・アロージョが蹴り込んで1点を返し、ナシオナルが2-1とリードして前半を折り返した。

 

page1 page2

トレンド

ランキング