レアルの切り札は“メッシ二世”20歳の新鋭MF ジダン監督も「最高の左足を持っている」と溺愛

指揮官が一目ぼれしたアセンシオ、今季公式戦17試合6得点1アシストと結果を残す

 レアル・マドリードは18日にFIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)決勝で鹿島アントラーズと対戦するが、ジネディーヌ・ジダン監督には「メッシ二世」と評価する切り札が存在するという。スペイン地元紙「マルカ」が「ジダン曰く、アセンシオはメッシ以来、最高の左足を持っている」と特集している。

 現役時代に白い巨人で君臨し、現在率いるジダン監督は20歳の新鋭MFマルコ・アセンシオに一目惚れしたという。

「ジネディーヌ・ジダンはマルコ・アセンシオのプレーを最初に見た時に、彼は若者がスペシャルな選手と悟った。フランス人は20歳の左利きをメッシの左足にたとえている」

 記事ではこう報じている。宿敵バルセロナに君臨する世界最高の名手の左足に比肩すると期待する指揮官は、練習後に1対1の個別トレーニングで天才直伝の技を仕込んでいるという。

 「現時点では彼はメッシのようなプレーを見せていないが、監督の期待は分かっている。なぜなら、彼らは1日中話し合っている。ジダンにとっては、選手に必要だと感じてもらうことが大事なのだ。彼はクラブの未来だ」と、記事ではジダン監督の溺愛ぶりをレポートしている。

 昨季エスパニョールにレンタル移籍し、4得点7アシストと頭角を現したアセンシオは、今季公式戦17試合6得点1アシストと結果を出している。リーガ、UEFAチャンピオンズリーグ、国王杯、UEFAスーパーカップという4大会でゴールを決めている新鋭が、今季5大会目でゴールを決めることができるのだろうか。

【Alibaba E-Auto プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ2016 試合日程&結果】 

■12/08(木) 

[M1]開幕戦 鹿島アントラーズ(日本) 2-1 オークランド・シティーFC(ニュージーランド)

■12/11(日) 

[M2]準々決勝 全北現代モータース(韓国) 1-2 クラブ・アメリカ(メキシコ)

[M3]準々決勝 マメロディ・サンダウンズ(南アフリカ) 0-2 鹿島アントラーズ(日本)

■12/14(水)

[M4]5位決定戦 全北現代モータース(韓国) 4-1 マメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)

[M5]準決勝 アトレティコ・ナシオナル(コロンビア) 0-3 鹿島アントラーズ(日本)

■12/15(木)

[M6]準決勝 クラブ・アメリカ(メキシコ) 0-2 レアル・マドリード(スペイン)

■12/18(日)

[M7]3位決定戦 クラブ・アメリカ(メキシコ) vs アトレティコ・ナシオナル(コロンビア) 横浜国際総合競技場(16:00)

[M8]決勝 レアル・マドリード(スペイン) vs 鹿島アントラーズ(日本) 横浜国際総合競技場(19:30)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

トレンド

ランキング