レアルの本家に宣戦布告! 鹿島の鈴木がクラブW杯準決勝でダメ押し弾後に“クリロナポーズ”炸裂

尊敬するカリスマのオリジナルを完コピ

 鹿島アントラーズFW鈴木優磨が、FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)決勝進出を決定づける一撃を決めると、宣言通りの“ロナウド・パフォーマンス”を披露した。

 南米王者アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)との一戦で途中出場を果たした鈴木は、後半40分に勝負を決めた。

 カウンターからFW金崎夢生のクロスにファーサイドでフリーとなった鈴木がダイレクトで合わせて3-0。勝利を確定させる一撃を決めた。

 すると浦和レッズとのJリーグチャンピオンシップ第2戦で決勝点となるPKを獲得したスーパーサブは、試合前からの宣言通りに大胆な行動に出た。尊敬しているというレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドがゴールを決めた際に披露するポーズを完コピ。コーナーフラッグ方向にダッシュした後、ジャンプ一番。反転しながら両腕を大きく広げるパフォーマンスを披露し、雄叫びを上げた。

 日本勢として初の決勝進出。15日にクラブ・アメリカと準決勝を戦う欧州王者レアルの本家に、宣戦布告をする“クリロナポーズ”となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング