クラブW杯準決勝で歴史的なジャッジ! FIFA主催大会初導入のビデオ判定で鹿島がPK獲得

前半30分、西が倒されたプレーがビデオ判定の対象に

 鹿島アントラーズがFIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)準決勝アトレティコ・ナシオナル戦でFIFA主催大会初導入のVAR(ビデオアシスタントレフェリー)でPKを獲得し、先制点を奪った。

 前半28分のことだった。鹿島は左サイドで直接FKを獲得、キックは一度クリアされてプレーは続けられたものの、この際、DF西大伍が相手DFに足を引っかけられていた。これがPKなどの判定をビデオで確認するVARの対象となり、同30分にPK判定が下った。

 このPKをFW土居聖真が成功させる。押され気味だった鹿島だが、歴史的なジャッジにより先制に成功した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

photo by Shaun Botterill – FIFA/FIFA via Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング