レアルのカゼミーロ、名門の使命感を胸に…「僕自身は良い状態」と出場に意欲

「試合に出るかどうかは監督次第だ」と語るも、自身の調子は上々

 FIFAクラブワールドカップ(W杯)に出場するレアル・マドリード(スペイン)のブラジル代表MFカゼミーロが、15日に行われる準決勝クラブ・アメリカ(メキシコ)戦の試合前日会見に出席し、「レアル・マドリードは必ず勝たなくてはいけないチームだ」と、名門ゆえの使命感を語った。

 カゼミーロは今大会について「とても大事な大会であり、レアル・マドリードは必ず勝たなくてはいけないチームだ。日本のファンも歓迎してくれているし、試合に集中していくだけだ」と話し、重要なトーナメントであると位置づけている。

 今季は負傷もあり、完全なレギュラーとは言えない状況にあるカゼミーロだが、ジネディーヌ・ジダン監督が「メンバーは明日伝える」と話すように、スタメン出場かどうかは不透明だ。しかし、「僕自身は良い状態で、最近も試合に出て良いプレーができたと思っている。それは監督にも伝えたけど、試合に出るかどうかは監督次第だ。ベストプレーヤーが揃うチームだから、出場するのは100%の力を出せる選手だ」と、自身の調子は上々であると話し、出場への意欲も見せている。

 対戦相手のクラブ・アメリカについては、表情を引き締めて語った。

 

page1 page2

ランキング