フンメルス、ユナイテッド移籍間近の過去を激白! 「本当に寸前だった…何度も話し合いが行われた」

14年にファン・ハール前監督が獲得を熱望したが、結局は古巣バイエルンに移籍

 今夏にドルトムントからバイエルン・ミュンヘンに移籍したドイツ代表DFマッツ・フンメルスが、過去にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍寸前だったと明かした。間もなく28歳を迎えたセンターバックは、今後にイングランドへ渡る可能性は低いと将来の展望も語っている。英紙「デイリー・メール」が報じた。

 ユナイテッドのフンメルスへの興味は何度も英地元メディアでも報じられていた。14年にルイス・ファン・ハール前監督が獲得を熱望していたというが、結局は古巣のバイエルン移籍という結末で落ち着いた。

 フンメルスはユナイテッドへの移籍があと一歩のところまで迫っていたと明かしている。「移籍間近だったのか?」という質問に「イエス。(移籍は)寸前だった。」と答えると、そこから10秒ほど考え込んだ末に、当時のことをゆっくりと語り始めたという。

「(移籍は)寸前だった。本当に寸前のところだった。(ドルトムントでの)最後の数年は何度も話し合いが行われた。複数オファーもあった。イングランドからと、スペインの3大クラブのうちの一つからだ」

 

page1 page2

トレンド

ランキング