リバプール遠藤航にクロップ監督が同情「酷い展開だった」 戦術練習なしの緊急投入「4-4-1なんて話題にしなかった」

リバプールでのデビューを飾った遠藤航【写真:ロイター】
リバプールでのデビューを飾った遠藤航【写真:ロイター】

リバプールは3-1でボーンマスに勝利 マック・アリスター退場で遠藤が緊急投入

 イングランド1部リバプールは現地時間8月19日、プレミアリーグ第2節でボーンマスと対戦し、3-1で勝利を収めた。後半にMFアレクシス・マック・アリスターが一発退場となった状況により、新加入の日本代表MF遠藤航は緊急投入される形でデビューを飾った。リバプール専門メディア「THIS IS ANFIELD」は思わぬ形でデビューとなった遠藤を同情したユルゲン・クロップ監督の言葉を伝えている。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 今月18日に加入が発表されたばかりの遠藤は、翌日に開催したホーム開幕戦で早くもベンチ入りすることに。試合は開始3分で先制点を許すも、同28分にFWルイス・ディアスが同点弾を決める。同36分にはPKを獲得し、キッカーを務めたFWモハメド・サラーのシュートは相手GKのセーブに阻まれるも、こぼれ球を押し込み、逆転して前半を折り返した。

 しかし、後半13分にアクシデントが起こる。敵陣でマック・アリスターがプレッシングでボールを奪おうとした際、相手選手を足裏でタックルする格好となってしまい、主審は迷わずレッドカードを提示。一発退場となったが、直後の同17分にFWディオゴ・ジョッタが追加点を奪ってリードを広げることに成功した。

 それでも数的不利な状況に陥ったため、クロップ監督は攻撃の枚数を減らす判断で、FWコーディ・ガクポを下げ、新加入の遠藤を投入。アンカーに配置されると終盤に危険な位置でファウルを与える場面があったものの、堅実なプレーで攻守のバランスを保ち、チームの勝利に貢献した。

 そのなかで、同メディアは指揮官の言葉を報道。緊急投入が余儀なくされた遠藤について「酷い展開だった」と同情しつつ、評価した。

「彼には2日しかなかったって? 無理もないね! 遠藤は正しいプレーをしていたと思う。でも、ピッチ上で何をすべきか正確には掴めていなかった。遠藤とは今朝、11人の中でのポジションといったことを話したばかりだ。4-4-1なんて話題にしなかった。そういうことだよ。遠藤はこの2日間、よく眠れなかっただろう。それでもピッチにすべてを捧げてくれたよ」

 日本代表の主将にとっては思わぬ形だったが、ここからプレミアリーグで経験を積んでいくことだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド