ミラン、残り1つのEU圏外枠どうなる? 元セリエA得点王は「最も私を納得させるのは鎌田」 

鎌田大地のミラン移籍は実現するだろうか【写真:高橋 学】
鎌田大地のミラン移籍は実現するだろうか【写真:高橋 学】

ミラン入りが噂されていた鎌田大地の去就は決まらず

 イタリア・セリエAの名門ACミランとの契約が噂される日本代表MF鎌田大地について、元イタリア代表でセリエA得点王の実績も持つアルド・セレーナ氏が「最も私を納得させるのは鎌田で、彼はバランスを取るのに最適だ」と獲得を推薦している。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 ドイツ1部フランクフルトと6月30日で契約が満了した鎌田は、移籍金なしで次のクラブと契約できる新シーズンに向けドイツ国内ではボルシア・ドルトムントが獲得に乗り出したとされるが、ミラン行きが最有力という情勢が報じられていた。しかし、6月に入ってミランでは強化責任者を務めるクラブのOBかつレジェンドの元イタリア代表パオロ・マルディーニ氏が解任されたことで、契約が白紙に戻る可能性も指摘されていた。

 また、鎌田の代理人がイタリアで活動するためのライセンス取得が終われば契約が締結される見込みとされていたが、EU圏外選手枠の問題も浮上して正式発表には至っていない。その間には、スペイン1部ビジャレアルのナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼや、イングランド1部チェルシーのアメリカ代表FWクリスティアン・プリシッチの名前も候補として浮上している。

 それについて1990年イタリア・ワールドカップ(W杯)の代表メンバーでACミランのOBでもあるセレーナ氏は「プリシッチは左サイドで良いプレーをする選手だが、ミランにはラファエル・レオンがいる。最も私を納得させるのは鎌田で、彼はバランスを取るのに最適だ」と、鎌田獲得を推薦した。

 ミランへの加入が決まれば、元日本代表MF本田圭佑以来の日本人選手ということになるが、鎌田がイタリアの名門でプレーすることになるのか状況の進展が注目される。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング