【W杯】ポルトガル代表ロナウド、モロッコに黒星で8強敗退に涙で注目 「同僚を慰めたり、相手を祝福したりしなかった…」

C・ロナウドが失意の敗戦【写真:ロイター】
C・ロナウドが失意の敗戦【写真:ロイター】

後半6分から途中出場も最後までゴールを奪えず

 ポルトガル代表は現地時間12月10日、カタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝でモロッコ代表と対戦して0-1で敗戦。モロッコにアフリカ勢として史上初のW杯ベスト4進出を許したなか、途中出場したFWクリスティアーノ・ロナウドは涙ながらロッカールームヘと下がった。

 試合は立ち上がりから徐々にポルトガルがボールを持つ時間が長くなった。しかし、モロッコの最終ラインに崩れる気配はなく、むしろ鋭いカウンターを繰り出すことでゴールに迫る回数はモロッコのほうが多い展開になった。

 そして迎えた前半42分、モロッコは左サイドからゴール前にクロスを入れるとFWユスフ・エン・ネシリが驚異的なジャンプ力を見せて高い打点でのヘディングシュートを叩き込んで1-0とリードして前半を終えた。

 ポルトガルは後半6分にDFジョアン・カンセロとロナウドを交代で投入。ポルトガルが押し込んでいくと、モロッコの守備陣は前半のような余裕のある応対ができなくなる。後半19分にはゴール正面からMFブルーノ・フェルナンデスが決定機を迎えるもののシュートは枠外に飛んだ。

 完全に攻めるポルトガル、守るモロッコという構図になった試合はハーフコートゲームのようになったものの、モロッコ守備陣が集中したプレーを見せてポルトガルにゴールを許さず。モロッコがこのまま1-0で逃げ切った。

 ベスト8敗退が決まり、ロナウドは足早にピッチをあとにしたが、テレビ中継では目頭を押さえ、涙しながらロッカールームへと向かう様子が捉えられた。イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、自身のツイッターで「ロナウドはW杯でのラストゲームで涙を流してピッチを去る」と言及。米誌「フォーブス」などに寄稿するスポーツジャーナリストのマイケル・ローレ氏も「チームメイトを慰めたり、対戦相手を祝福したりしなかった…」とコメントしていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド